生活について


休所日について

・日曜、国民の祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)は休所です。

送迎について

・送り迎えは、原則として保護者がしてください。やむを得ない場合は、保護者に代わり責任の持てる方を前もってご連絡ください。出入りの際は、門扉や玄関の留め金を必ず掛けてください。

・登所が遅くなる時やお休みの時は、午前9:30までに連絡してください。また、お迎えが遅くなる場合も必ず連絡してください。

・送迎の際には、記録帳、連絡帳などに目を通し、必ず職員に声を掛けてください。

・朝食は1日の活力源となりますので、ゆとりをもって十分に食べさせてください。

・登所前に排泄(大便)する習慣をつけましょう。

・台風の接近などで「神戸市」に午前6時30分現在に警報が発令されている場合、登所を見合わせてください。警報が解除になった場合、登所していただいて結構です。どうしても早朝より保育所に預けなければいけない方は、十分注意して登所してください。保育途中で警報が発令された場合、速やかにお迎えにきてください。登所可能か判断に迷う場合は、午前7時以降に保育所に電話確認してください。

 

ひるねについて

  • 成長著しい乳幼児にとっては、心身の疲れを癒すために「ひるね」は欠かすことのできないものです。毎日のひるねの実施にあわせて、衣類の着脱なども身につくようにしています。

 

保健衛生について

・定期健康診断について

  内科検診 歯科検診 眼科検診 耳鼻咽喉科
全児童
全児童 / 年1回、4・5歳児。
3歳未満児は問診票により受診する児童もいます。
全児童 4・5歳児 4・5歳児

・尿検査 年1回  

    結果はその都度お知らせします。

・虫歯予防のため、フッ素化物洗口を週二回実施します。対象は4・5歳児です。

・発育測定は、月一回行います。

・病気のときの対応について

お子さんにとって病気のときは、家庭における安静とあたたかい看護がなによりです。   保育中に発病・発熱した場合は連絡をしますので、必ず連絡が取れるようにしてください。

・保育所は原則として「薬」の投与はしていません。やむを得ない場合はご相談ください。

・伝染性の病気(インフルエンザ・百日咳・はしか・流行性耳下腺炎・風疹(三日ばしか)・水ぼうそう・咽頭結膜熱(プール熱)・流行性角膜炎(はやり目)などにかかった場合は休ませてください。医師の指示に従って、他の子どもへの感染の心配がなくなってから登所してください。                登所の際は、医師の意見書が必要です。